無料ブログはココログ

Saturday, 01 January 2011

COUNTDOWN JAPAN 10/11@幕張メッセ

1651556026_164年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。僕自身はあまり気にしない方なのですが、昨年でようやく厄年が終わりになったようで、今年からは薔薇色の人生が始まるようです(笑)。とは言いながらも、昨年は本当にたくさんの方にお会いして、新しい関係を作れた年でありました。実に感謝感謝の一年でした。あらためてありがとうございます。今年も昨年以上に多くの方と出逢って、また新しい人の輪を作って行きたいなと感じている年明けです。

 所詮人は一人では生きていけないわけで、やはり人との繋がりがあって初めて仕事も出来るし日々も充実して過ごす事が出来るわけですよね。基本出無精で面倒臭がりな男ではあるのですが(笑)、無事に厄も明けたことですし今年も昨年以上に外へ出て、多くの人たちとお会いしたいなと思っております。昨年出来た多くのご縁を育みながら、そしてこれまでのご縁も大切にしながら、今年も多くの人のお力を借りて一歩ずつ前進して行きたいなと思っております。どうぞ今年も皆で楽しく生きていきましょう。このブログもガンガン更新して行きたいと思います。というわけで、本年も不肖山路力也をよろしくお願いいたします。

 さて、この年末年始皆さんはどう過ごされましたか?僕は毎年大晦日はラーメンイベントをやって、夜には自宅に戻り年賀状を書きながら、紅白歌合戦〜ゆく年くる年〜さだまさしとテレビ漬けなのですが(笑)今年は年越しの瞬間は幕張メッセにおりました。何をしていたかと言いますと、幕張メッセで毎年年末に行われている、Rockin on主催の年末恒例音楽フェス 「COUNTDOWN JAPAN 10/11」に参加していたのです。と言っても音楽を聴きにいったわけではなくお仕事で。この手の音楽フェスは長時間開催されることもあって、必ずフードエリアも併設されていて色々な飲食店が軒を連ねているのですが、そこに僕お気に入りのイタリアン「DESERT」が 初参戦するということになったのです。そのお手伝いでの参加です。

 CTJ自体は初めてなのですが、僕は毎年「SUMMER SONIC」などのイベントに出店している経験もあるので、当初はメニューのネーミングや価格だったり、目を引く看板やPOPなんかのアイディアを出していたんですが、いざ実際のオペレーションの落とし込みを始めてみると、お店のスタッフは皆調理に回らなければならない関係もあって、ブース外で行列をさばいたりするオペレーションを回せる人がいない、ということになり、こんな僕でも少しはお役に立てるのではないかということで、急遽スタッフとして参加することになりました。

1646970336_250 今回DESERTが提供するのは「パエリア」。直径90cmはあるという巨大パエリアパンを使って、ムール貝や海老、イカなどの新鮮魚介をたっぷり入れた豪快なパエリアは、お客さんたちの目を引いてとても人気になりました。他にもマグロのカマトロのガーリック炙り焼きや、帆立貝のグリル、厚切りベーコンなど、屋台風イタリアンというテーマのメニューが並びます。イベントでの食事のレベルは遥かに超えていて、どれもとても美味しかったです。しかもカマトロは500円、パエリアも600円ととにかく安い。お客さんが喜んでいたのが本当に印象的でした。

 27日の設営から始まって28日、29日、30日、31日と5日間。しかも最終日は元旦5時までという、まさにカウントダウンまでメッセで過ごしました。僕は大晦日に自分のラーメンイベントがあったり、諸々の打合せやら何やらでフルで入ったのは数日と、まぁ半分腰掛けみたいなものでしたが、4日一緒に働いて来たスタッフみんなで年越しの瞬間を過ごせたのは良かったなぁ。最初は大晦日には行く予定ではなかったのですが、やっぱり行って良かったです。

 別に日々遊んで暮らしているわけではないのですが、久々に何だか身体を使って働いたなぁと感じた4日間でしたね。ずっと立ち仕事というのは本当に久々なので、足に腰にとなかなか辛いものがありました。つくづく飲食の仕事をされている方は大変だなぁと。さらにイベントのお手伝い中にもその前後でいくつも打合せがあったり、ラーメンイベントの準備があったり忘年会もあったりで、とにかく分刻みのスケジュールの中でのイベント参加。特に大晦日の最終日は昼にラーメンイベントやって、終わってからメッセに駆けつけて明け方まで徹夜だったので、メチャクチャ疲れました。

 しかしイベント中は途中にちょっと抜けさせてもらって、遠藤ミチロウ、ゴダイゴ、佐野元春、ヒダカトオルなど、お気に入りのアーティストのライヴを観せて貰ったり。あとは大好きな女優さんの吉高由里子さんがプライベートで来ていて、僕らのブースに並んでくれてお話したり。なかなか楽しい時間を過ごさせて貰いました。

 こういうイベントは1回目よりも2回目、2回目よりも3回目。経験を積むごとにどんどんスキルが上がっていきます。今回やってみたことで色々と出て来た反省点を次に活かすことで、さらに素晴らしいイベント参加が出来るようになると思います。僕も今回このイベントに参加させて頂いたことで、自分のイベントでの参考にもなりましたし、充実感のある大変貴重な経験をさせて頂く事が出来ました。オーナーシェフの吉川さんはじめ、DESERTのスタッフの皆さんに感謝です。ありがとうございました。

人気ブログランキングへ←「人気ブログランキング」では現在何位でしょうか?

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ←「にほんブログ村」目指せ部門第1位!

←「ブロぐるめ!」ランキング急上昇中!

1646970336_61■イベント:COUNTDOWN JAPAN 10/11





↓山路力也最新刊!↓

Saturday, 01 August 2009

SUMMER SONIC 2009

Ss0802恒例の都市型サマーライブイベント、幕張メッセ&千葉マリンスタジアムで8月7日(金)8日(土)9日(日)に行われる「SUMMER SONIC 2009」。昨年に引き続き今年も僕がプロデュースする「千葉拉麺通信ブース」が参戦することが決定しました。サマソニの飲食ブースは「ソニ飯」とも呼ばれ、数多くの人気店が屋台を出店することでも話題です。今回もラーメン店としては「ジャンクガレッジ supported by 六厘舎」「初代けいすけ」「ラーメン凪」「中華そばいちや」「くにがみ屋」などなど多くの人気店が参戦します。千葉拉麺通信は昨年初参戦し、おかげさまで連日行列が出来る人気ぶりとなりました。

 とにかく広い会場内ではありますが、今年も昨年同様メッセ会場内のフードブースに出店します。千葉ラーメン界の第一人者、13湯麺店主松井一之氏とコラボレーションした「冷し特製ぶっかけラーメン」(800円)や冷たいソフトドリンクを販売します!冷水で締めた特注の細麺を、13湯麺特製の醤油ダレと挽肉、半熟卵や揚げ玉と一緒にかき混ぜてガッツリと食べる一品。室内とはいえ、サマソニ会場内は熱気で熱々になります。そんな暑い中で食べるぶっかけ冷やしは格別です!去年はお客さんのみならず、同業の出店者の皆さんにも好評で、何度も食べに来る常連さんも多かったです。

 ライブで熱くほてった身体を千葉拉麺通信の「特製ぶっかけ」が冷します!サマソニに参加される方はぜひフードコーナーの「千葉拉麺通信」ブースにもお立ち寄りください!僕も厨房に立っているかもしれません(笑)。

人気ブログランキングへ←「人気ブログランキング」では現在何位でしょうか?

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ←「にほんブログ村」目指せ部門第1位!

←「ブロぐるめ!」ランキング急上昇中!

Ss0801イベント:千葉拉麺通信 at SUMMER SONIC 2009
8月7日(金)〜9日(日)
SUMMER SONIC 2009会場 メッセNo.4〜No.6エリア
※入場するにはチケットが必要になります。

Tuesday, 16 June 2009

房総中華そば by千葉拉麺通信@蘇我

Bschukaトーヨーカドーが運営する大型SC「Ario」の栄えある1号店が、千葉市中央区に4年前にオープンした「Ario蘇我」ですが、その1Fフードコートの一角にある「ネオポンテ」は、期間限定で色々なお店が次々と入れ替わるというユニークな店舗ですが、そこに16日より3ヶ月間の期間限定で登場したのが「房総中華そば by千葉拉麺通信」です。

 このお店は店名にもあるように、私が主宰するサイト「千葉拉麺通信」による監修店ということで、不肖私山路力也がプロデュースさせていただいているお店です。こちらの「ネオポンテ」のスタッフの皆さんとは、これまでにも一緒にイベントをやったりしてきた間柄なのですが、せっかく同じ千葉でやっているのだから、地元千葉県を発信出来る味なり店なりを一緒にやれたらいいですよね、という話から今回の出店となりました。

 既存の店を持ってくるのではなく、新たな一杯を作り上げるというネオポンテ初のラーメンプロジェクト。千葉、房総をイメージするものとして、まず私が考えたのは「麺」でした。こういうフードコートでしっかりと麺にこだわったものを作りたいと、千葉を代表する製粉会社である「千葉製粉」と、千葉に密着した製麺所「藤代製麺」に協力をあおぎ、千葉オリジナル麺「房総夢小麦麺」を作りました。千葉県産「有芽小麦」全粒粉と落花生の粉末をブレンドした麺は複雑な香りが豊かで、噛み締めると味わいも深い麺になりました。

 スープは濃厚で深みのある鶏白湯スープ。そこに内房富津の老舗醤油蔵「宮醤油」の木桶仕込み醤油を加え、落花生油を浮かべ風味豊かに仕上げました。宮醤油はご存知竹岡式発祥の店、「梅乃家」をはじめ多くのラーメン店が愛用している千葉で江戸時代より作られ続けている伝統の醤油蔵。その醤油の香りと味を引き立てるよう、火を入れずに直接丼に加えることもしています。チャーシューはバーナーで炙り香ばしさを引き出しています。また刻みタマネギの薬味は竹岡式へのリスペクト。新しいけれどもどこか懐かしい新感覚の中華そばをご提供します。「房総中華そば(写真上)」(680円)と「房総醤油つけ麺(写真下)」(750円)「房総辛味つけ麺」(800円)をご用意しています。

 まず「房総中華そば」の方は鶏白湯スープに落花生油と粉末落花生が浮かぶことで、独特な甘さが感じられるかと思います。その甘さを宮醤油の味が軽く引き締めているようなバランスにしました。個人的な感想としては鶏が強いのでどことなく家系的な味も感じますし、稲毛海岸時代の拉通の初代黒拉にも通じる部分があるような気がします。麺のほのかな甘味を活かすのであれば、もっとスープはあっさりしていても良いのかも知れませんが、今回は同じフードコート内の他のお店にはない味を、ということで濃厚な鶏ベースになりました。刻みタマネギは個人的にも大好きな具材ですのでついつい入れてしまうのですが、このスープにも合っていると思います。

Bstsuke 「つけ麺」は結構濃度も粘度も上げてありますので、フードコートの一品としては相当本格的と言いますか、食べ応えがあるのではないかと思います。麺の味を感じて頂きたいので酸味、辛味もそこそこで抑えてあります。麺はラーメンと同じ生地ですが、平打にして絡みやすくしました。本当はもっと太い麺も考えていたのですが、フードコートではやはりなるべく早くお出ししたいという思いもあって、今回の太さに落ち着きました。こちらには基本で岩海苔が乗るのですが、この岩海苔が風味良くつけダレにも合っていると思います。

 買い物ついでにでも、ぜひ一度足を運んで味わっていただければと思います。9月中旬までの3ヶ月間の期間限定出店です。なお、エコラーメンプロジェクトの一環としてマイ箸(割り箸は不可)持参の方には味玉をサービスしています。

人気ブログランキングへ←「人気ブログランキング」では現在何位でしょうか?

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ←「にほんブログ村」目指せ部門第1位!

←「ブロぐるめ!」ランキング急上昇中!

Bsgaikanラーメン:房総中華そば by千葉拉麺通信
千葉県千葉市中央区川崎町52-7
 アリオ蘇我1Fフードコート
 ネオポンテシトロエンブース
043-208-1616
10:00~21:00
無休(アリオ蘇我に準じる)

Monday, 16 March 2009

京成カードエコ修業の旅(3/16掲載)

Ks_2日から公開されている京成電鉄のウェブサイト「京成カードエコ修業の旅」にて、千葉拉麺通信が展開する「千葉エコラーメンプロジェクト」が紹介されています。様々な場所でエコに取り組む健気なパンダのマンガが楽しいです。マイ箸持参はあくまでもエコに対して考えるきっかけに過ぎません。一人一人が出来る無理のないエコというのが大切なように思います。掲載どうもありがとうございました。ぜひ皆さんもご覧下さい。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ←にほんブログ村に参加しています!

■ウェブ:京成カードエコ修業の旅(京成電鉄)

Saturday, 07 March 2009

SATURDAY NIGHT FEVER VOL.10「鱒拉」

Ra2090307葉拉麺通信がプロデュースするラーメン店「千葉ラーメン拉通ra2」で、本日一夜限りの限定ラーメンイベントが行われました。その名も「SATURDAY NIGHT FEVER」(SNF)です。ra2では毎月月替わりで限定ラーメンを発表してご提供しています。その一杯一杯は他のラーメン店よりも凝ったものをお出しするように務めていますが、どうしても日々の営業でお出しするラーメンであるということと、また限定などは召し上がらない通常メニューを愛する常連さんも多いお店ですので、オペレーションなどを優先せざるを得ない部分があります。しかしそうなるといわゆるra2らしさと言いますか、ra2イズムに溢れる一杯が出せない。ならば一夜限りという形でご提供しようと始めたのがこのSNFなのです。今回は今年最初のSNFにして記念すべき10作目。テーマは「鱒」です。

 第1期ra2からの若手スタッフ日影のアイディアによる一杯。そもそも彼は釣りが大好きで鱒釣りをしている時にこの鱒をラーメンに出来ないか、と思ったのだそう。鱒というのは鮭の親戚のようなものですから、鮭ならば過去にra2でラーメンにしたこともありますし、鮭冬葉を使ったラーメンなども存在しますので、きっと鱒でも出来るだろうというところからスタートしました。しかし、一夜限りのスペシャル感をいかに出すか、ということがSNFの場合は重要になって来るのです。

 と言いますのも、SNFにいらっしゃるお客さんは、皆さん「何をしてくれるんだろう」「どんなことに挑戦するのだろう」という期待感をお持ちの方ばかりだからです。通常のラーメンの場合は美味しさ、満足感、CPなどが重視されますが、限定ラーメンでも特にこのSNFの場合は、どこにでもあるようなラーメンをお出しすることは許されません。そこで基本的にいつも900円という価格設定を先に決めてあって、そこからラーメン作りをしています。ラーメン一杯900円というのは決して安いものではありません。900円が取れるラーメン、という縛りはなかなか厳しいものがあります。900円払ってでも満足してもらえるような一杯を作ろう、という思いで毎回試作を重ねてご提供しています。

 そんな中完成した今回のラーメンはその名も「鱒拉(写真)」(900円)。ポイントは鱒をどう使うかでした。当然鱒を塩焼きにして乗せてしまえば面白いのでしょうが、これはすでにra2で「秋拉」という名前で秋刀魚を焼いたものを一匹丸々乗せたラーメンを提供していますし、世には鮎ラーメンもありますので面白みに欠けます。そこでまず使用する鱒そのものを天然物を釣るところから始めようと。日影が地元房総印旛沼水系で自ら釣り上げた天然鱒を厳選して寒風干しにしたもので旨味たっぷりの出汁を取り、天然飼料によって育てられた「地養鶏」の丸鶏と「青森シャモロック」のガラで取ったスープとブレンド。そのスープの旨味を引き立てる塩は、ジュラ紀の海底が隆起して形成されたアメリカユタ州の地層から採取された甘味塩「ジュラシックソルト」を使いまろやかな味わいに仕上げました。表面には鶏の軟骨で取った香り油を浮かべて独特の風味に。しなやかなコシと食感を持つ低加水ストレート細麺は人気製麺所「菅野製麺所」の特注麺。食べ進めるごとにスープを吸い味わい深くなります。具にももちろん釣り上げた鱒を使用。皮まで香ばしく美味しい鱒の西京焼に、香ばしい食感が楽しい骨煎餅を添え、スープの表面には京都産の「ぶぶあられ」と、山椒の葉を香り付けに乗せました。まさに言葉通り「手間隙かけた」一杯になっていたと思います。

 鱒の深い旨味は鮭とはまた違った味わいで、そこに鶏の甘味と塩のまろやかさが加わって、今までにはない味で、かつ誰もが美味しいと感じる味わいに仕上がったと思います。飲み進めるごとに味わい深くなるスープという表現をよく使いますが、このラーメンはまさにそういうラーメンでした。濃厚なスープや魚粉全開のラーメンが多い昨今ではありますが、こういう旨味を活かした繊細なラーメンがもっと出て来てもいいのに、と思う一杯でありました。早くから並んで下さったお客さんにも満足していただけたようで何よりでした。次回のSNFもどうぞご期待ください。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ←にほんブログ村に参加しています!

Ra2gaikan■ラーメン:千葉ラーメン拉通ra2
千葉県八千代市神久保75-14
047-488-8803
10:00〜22:00(21:30LO)
無休

Sunday, 15 February 2009

solamido(2/15掲載)

Solamido日から公開されているKDDIによるau公式サイト「solamido」にて、千葉拉麺通信が展開する「千葉エコラーメンプロジェクト」が紹介されています。日替わりでクイズ形式にてエコへの取り組みを紹介している中で、エコラーメンプロジェクトが紹介されています。マイ箸持参はあくまでもエコに対して考えるきっかけに過ぎません。一人一人が出来る無理のないエコというのが大切なように思います。掲載どうもありがとうございました。携帯サイトのため携帯電話からsolamidoを検索してご覧下さい。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ←にほんブログ村に参加しています!

■ウェブ:solamido(KDDI)

Recent Trackbacks

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31