無料ブログはココログ

« ミニミニチョロQコレクション | Main | solamido(2/15掲載) »

Saturday, 14 February 2009

拉麺阿修羅@船橋

Ashuram橋の人気店「拉麺阿修羅」は麺屋武蔵で長年厨房を任されていた竹内さんが営むお店です。修業先にはない「胡麻らーめん」を看板メニューに据えて3年。ラーメン好きの支持を受けるのみならず、しっかりと船橋の人たちに愛される地元に根付いた人気店になっています。やはり半径1km以内でどのくらいの支持を受けているか、というのはラーメン店の路面店にとってはとても重要なことだと思います。

 こちらのレギュラーメニューはどのメニューも大変非凡なセンスが発揮されているので、事あるごとに限定メニューや新メニューなどに挑戦してはと余計な口を挟んだりもしていたのですが、ここのところ季節ごとに限定メニューを発表するようになってきました。そしてそれらのメニューはやはりどれも非常にレベルの高いものなのです。夏の「冷し麺」はもう定番のアイテムとなりましたし、秋から始まった「胡麻つけめん」(750円)も阿修羅ならでは、という一杯になっています。そんな阿修羅でこの日から始まった限定メニューが「ねぎ味噌らーめん(写真)」(900円)です。

 赤味噌と白味噌に数種類の調味料を加えて熟成させた味噌ダレには、豆乳などの隠し味が使われているのだそうです。この味噌ダレが阿修羅のスープと良く合っていて、スープ本来の出汁感もちゃんと出ていながらそれでいて味噌の風味もしっかりと立っているバランス。少々唐辛子などの辛さを感じる人がいるかも知れませんが、個人的にはこのくらいの辛味の方が好みです。ショウガを加えて胡麻油で軽く和えてあるネギが味のアクセントにもなっていて、特徴がある味わいが印象に残ります。またスープの表面に焦がしニンニクチップや黒胡麻が浮いているのも、麺やスープと一緒に入ってきて心地よいです。具は細長く刻まれたチャーシューがたっぷり乗って、他にもメンマ、ネギ、味玉などで全部乗せのような豪華さですが、ここはおそらく限定ラーメンとして単価を900円に設定したかったのでしょう。もちろん900円を十分取れるパッケージにはなっていると思いますが、シンプルな構成要素で750円程度で食べられるともっと良いかと思いました。つまりはレギュラー化を希望する、ということです。これは限定であるよりもレギュラーにした方が良い。それほどの完成度なのです。難を言えば良くも悪くも具だくさんのため、実際のスープは熱くなっていても食べ始めが少々冷めたような感覚に陥ることでしょうか。

 今回のメニューはスタッフの夏目さんが中心になって開発したものだそうです。夏目さんは長年八千代台の老舗「ラーメンパンケ」で店長を務めていた逸材。味噌ラーメンを知り尽くした夏目さんが阿修羅のテイストに見事にまとめあげています。油分が強かったり味噌の味ばかりがして濃厚な味わいの味噌ラーメンが多い中、しっかりと出汁感を感じさせるバランスは実に阿修羅的なアプローチだと思います。昼夜各10杯限定、3月末までの期間限定メニューですが、ぜひレギュラー化して頂きたいと思います。

Gaikan■ラーメン:拉麺阿修羅
千葉県船橋市湊町2-7-3-101
047-431-1760
11:30~15:00,18:00~22:00
無休

« ミニミニチョロQコレクション | Main | solamido(2/15掲載) »

ラーメン:千葉県」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56002/44157694

Listed below are links to weblogs that reference 拉麺阿修羅@船橋:

« ミニミニチョロQコレクション | Main | solamido(2/15掲載) »

Recent Trackbacks

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30