無料ブログはココログ

« ニュースCマスター(1/15 O.A.) | Main | スカンディア@関内 »

Friday, 16 January 2009

西麻布五行@西麻布

Gogyom多一風堂を展開する「力の源カンパニー」が手掛けるラーメンダイニング「五行」。当初、博多の一風堂西通り店の上階にあったお店でしたが、博多店は今では別の場所に移転して、博多以外にも西麻布、京都、銀座、代々木上原と5店舗まで増えました。僕も大好きなお店の一つですが、そんな五行初の支店にして東京初進出の店が「西麻布五行」です。

 一軒家レストランやダイニングバーなど、小洒落たお店が立ち並ぶ星条旗通りにこちらのお店がオープンしたのが2003年6月ですから、早いものでもう6年近くが経つのですね。ちなみに星条旗通りというのは、この通り沿いに米軍が発行している機関紙「Stars & Stripes」の出版元「星条旗新聞社」があるからなのだそうです。この辺りだと昔はよく「かおたんラーメン」通称「えんとつ屋」に足を運んだものです。この西麻布五行は「中華麺酒場」というコンセプト通り、お酒とつまみが楽しめて締めにラーメンを味わえるお店です。ゆったりした雰囲気の中、深夜遅くまでまったりと過ごせるのが気に入っていて、仕事でもプライベートでもよく利用するお店です。昨夜は出版社の編集と打合せに使い、仕事半分で楽しい時間を過ごしました。

 看板などどこを見てもラーメンの文字は書かれていませんので、知らない人が通ったらラーメン屋さんとは思わないかも知れません。しかしどことなく懐かしさを感じさせる看板や提灯は、鼻の効く人ならば思わず立ち止まらずにはいられないファサードの重要な要素になっています。店内は落し気味の照明で、深々と座りゆったりとくつろげるソファ席が多く配されています。ラーメン屋さんというのは1席あたりをいかに多く回すか、即ち回転率が重視されるわけですが、この店はラーメンを楽しめるダイニングバーですから、回転率よりも滞留時間に重きが置かれているように感じます。居心地が良ければ長居する。長居をすれば注文も増える。注文が増えれば客単価が上がる。ドリンクが出ればより利益率は上がっていきますから、ラーメンを何杯も出すよりも利益率はいいわけですね。

 時にこのような形態のラーメン店の価格を高いと言う方がいらっしゃいますが、ただ食事だけをパパッと食べるラーメン店とは異なり、こういうラーメンダイニングの場合は空間を楽しむ場所代であったり、サービスの料金も含まれていると考えれば、むしろ五行のコストパフォーマンスはいいのではないでしょうか。とは言え五行自体も銀座に出店した数年前までは、どちらかと言えば高価格志向のお店でしたが、ここ数年でメニューも絞り価格帯も低くなって、一品料理はどれも500円前後で頼めるようになりました。ましてやオープン当初と異なり、最近ではマスコミに単純に「ラーメン店」として露出する機会も多くなっているため、ラーメンだけを食べて帰るお客さんも時折見かけます。そんな中、西麻布でこの内装、サービスがあっての一杯850円というのは、片田舎にある小汚い雰囲気でサービスのサの字もないようなラーメン屋で700円のラーメンを食べるよりは、お金と時間の使い方としては遥かに有意義であろうかと思います。

 しかしやはり五行を存分に楽しむためには、ラーメンだけを食べて帰るのではなく、ゆったりとソファに深く腰をかけ、手羽先やらモツのサラダやら、炙り明太子やらをつまんで酒を飲み、自慢の中華麺で締める使い方をお薦めしたいところです。ラーメンは醤油、味噌、塩など5種類ありますが、この店の看板メニューはスープを火を立てて焦がす「焦がし」の醤油と味噌。どちらも好きですが、個人的には「焦がし醤油(写真)」(850円)が好みです。熱々に熱したスープの表面からは湯気が出ず、その油の膜に蓮華を入れると醤油を焦がした香ばしい香りがふわっと立ちこめます。自家製の低加水の平打麺は博多ラーメンのもつざっくりとした食感を感じさせながら、今までにない味わいの麺になっています。こういうタイプの醤油ラーメンはありそうでなかなかありません。ここにしかないオリジナルの一杯になっていると思います。

 言わずと知れた五行のオーナーである河原成美さんにこのラーメンについて伺ったことがあるのですが、札幌の「すみれ」と千葉の「梅乃家」に出逢わなければこのラーメンは出来なかっただろうとおっしゃっていました。スープを鍋で焼いて熱々にするという札幌ラーメンの手法であったり、真っ黒い醤油を全面に出した竹岡式ラーメンの存在感であったりに、刺激を受けたということなのでしょう。博多ラーメンが正しいラーメンだと思っていた河原さんは、そういう色々なラーメンの作り方を見て、ラーメンとはもっと自由であっていいのだと思ったのだそうです。その考えにたどり着かなければTVチャンピオンの3連覇もなかったでしょうし、五行のラーメンもきっとなかったでしょう。あるラーメンに刺激を受けて、そのラーメンに敬意を表し、そこからオリジナルのものを創出するその姿勢こそが「真のインスパイア」であり、昨今言われているインスパイア系などという安易な言葉で括られるラーメンは、元のラーメンに対してのリスペクトに欠けた「劣化コピー」あるいは「パクリ」でしかありません。

 五行の登場以降、同じようにラーメンを食べさせるラーメンダイニング的なお店を時折見かけるようになりましたが、得てしてそういうお店の場合はコックコートやギャルソンコートなんかを着込んだりして、フレンチレストランやイタリアンレストランに寄っているといいますか、穿った見方なのかも知れませんがラーメン店であることをどこか恥ずかしいと感じているような、ラーメン店であることを自ら否定しているような姿勢が見受けられます。しかし五行の素晴らしいところは、スタイリッシュでありながら結局のところはレストランなどではなく、ダイニングバーというか要は居酒屋で、店内には気取った雰囲気がなく気軽に過ごせる空間になっているところ。スタッフの接客も常に元気があり店内は活気に溢れています。ここは何屋かと問われたら「ラーメン屋です」と言い切れる自信と言いますか、そもそもの「出自」というものを忘れていないのです。その潔い姿勢がとても心地よく、僕はまたこの店へ足を運ぶのです。

Gogyo■ラーメン:西麻布五行
東京都港区西麻布1-4-36ロジマン西麻布1F
03-5775-5566
平日 11:30〜16:00(15:30LO)17:00〜翌3:00(翌2:30LO)
日祝 11:30〜16:00(15:30LO)17:00〜0:00(23:30LO)
無休

« ニュースCマスター(1/15 O.A.) | Main | スカンディア@関内 »

ダイニングバー」カテゴリの記事

ラーメン:東京都」カテゴリの記事

Comments

I'm curious to find out what blog platform you are utilizing? I'm having some minor security problems with myy latest site and I would llike to fnd something more secure. Do you have any suggestions?

Hi!

Author Help! Say how to unlock access blocked sites, free? I use <a href=http://goo.gl/AMsLo2><b>NORD</b></a> but they say, it can be done for free. Someone has experience?

Hi!

Author Help! Say how to unlock access blocked sites, free? I use <a href=http://goo.gl/AMsLo2><b>NORD</b></a> but they say, it can be done for free. Someone has experience?

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56002/43758369

Listed below are links to weblogs that reference 西麻布五行@西麻布:

« ニュースCマスター(1/15 O.A.) | Main | スカンディア@関内 »

Recent Trackbacks

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31